横浜の明るい場所でも空を見上げてみましょう。

7月31日は、火星を大きく見ることが出来ます。

地球と火星の距離は、なぜ近くなったり遠くなったりするのでしょう?

火星と地球の公転周期は異なります。
火星大接近
地球の公転周期は365日、火星は687日です。
さらに火星の軌道は楕円なので、地球との距離に遠近が生じるのです。
図から火星が太陽より遠く反対の位置にある場合と、今回の
位置から見える大きさを想像してください。今年は、火星だけでは
なく水星・金星も地球に接近しているラッキーな年です。
次回の火星接近は2020年ですが、今回ほどの大きさにはなりま
せん。今回よりさらに近づくのは17年後の2035年です。