2018年7月27日 横浜市中区と南区の境にある「富士見川公園」(横浜市中区伊勢佐木町7-155-8)にて観望会を実施します。

台風接近により、翌日の延期はありません。

火星、月、木星、土星を順次、大口径20cmの望遠鏡で観測します。
基本は眼視観測ですが、人数多数の時は火星、木星、土星はカメラで撮影したものをモニターに映して観測する場合があります。

8㎝屈折望遠鏡でスマホを使い月の撮影会を行います。
ニコンのマウンターは準備していますのでニコンの一眼レフカメラでの撮影も可能です。 
ご自身の天体望遠鏡や双眼鏡があればお持ちください。
望遠鏡をお持ちの方は17時~18時にお集まりください。

火星の明るさは、7月31日の最接近時でマイナス2.8等級にもなり、夏の夜空で他の星ぼしを圧倒します。大都会の夜空でさえ見えるほど赤く輝いています。
今では、たくさんの火星探査機によってその実態が明らかになってきていますが、地上から望遠鏡で火星をのぞいてみる経験はまた格別です。


主催:お三の宮通り商店会
共催:お三の宮通りまちづくり委員会
協賛:南吉田町町内会
お三の宮地区連合町内会
協力:神奈川県商業流通課
Soraject事務局