Universe Image

色とりどりの巨像と変化する色相

色とりどりの巨像と変化する色相

NASAの探査機カッシーニが撮影したタイタンと土星のナチュラルカラー画像で、季節ごとに変化する巨大な惑星の前に巨大な月が現れている。土星の最大の月であるタイタンは、大きさが3,200マイル(5,150…

天の川銀河のイメージが変わる

天の川銀河のイメージが変わる

初期の探検家たちが地球上の大陸をマッピングしたように、天文学者たちは銀河系の渦巻き構造の図を描くのに忙しい。NASAのスピッツァー宇宙望遠鏡の赤外線画像を用いて、天の川銀河の優雅な渦巻き構造は、中央の…

ハッブル望遠鏡が捉えた火星の衛星

ハッブル望遠鏡が捉えた火星の衛星

NASAのハッブル宇宙望遠鏡の鋭い眼が、火星を周回する小さな月「フォボス」を捉えました。この月は非常に小さいため、ハッブルの写真では星のように見えています。ハッブル宇宙望遠鏡は、22分間に渡って13回…

NGC2276 広視野画像

NGC2276 広視野画像

このペアの銀河は、お互いに重力を感じるほど近くを通っているため、「綱引き」をしているように見える。左側の青い銀河NGC2276が横倒しになっていることからもそれがわかる。左の青い銀河NGC2276は、…

遠くて近い土星

遠くて近い土星

この画像は、NASAの地球周回衛星ハッブル宇宙望遠鏡が2004年3月22日に撮影したものです。4つのフィルター(青、青緑、緑、赤)で撮影されたカメラの露出を組み合わせてハッブルの画像を構成し、土星に焦…