遠くて近い土星

2022年3月29日ハッブル宇宙望遠鏡,土星,太陽系,宇宙画像,惑星,探査機

遠くて近い土星

この画像は、NASAの地球周回衛星ハッブル宇宙望遠鏡が2004年3月22日に撮影したものです。4つのフィルター(青、青緑、緑、赤)で撮影されたカメラの露出を組み合わせてハッブルの画像を構成し、土星に焦点を合わせた望遠鏡で見たときのような色を再現している。アンモニア・メタン雲の微妙なパステルカラーは、大気のさまざまな動きを表している。土星にはおなじみの帯状の構造があり、さまざまな高さにヘイズや雲が存在する。木星と同様、すべての帯は土星の赤道に平行している。壮大な環は、地球に対してほぼ最大の傾きを持っており、その微妙な色合いは、氷の組成の微妙な化学的違いを示している。